English
Homeへ特定失踪者問題調査会について特定失踪者問題調査会公開リスト各種資料リンク短波放送「しおかぜ」について

■特定失踪者家族支援委員会について■

  調査会では失踪者家族のフォローするため「家族支援委員会」を設け、調査会が拉致の疑いが濃いとした家族の政府認定を求める
  行動などを中心に活動をしています。

    
    事務局長:杉野正治(特定失踪者問題調査会常務理事)
    統  括:荒木和博(特定失踪者問題調査会代表)が総括
    委  員:常務理事・理事全員
    顧問(家族会):
     横田滋・横田早紀江・横田拓也・横田哲也・飯塚繁雄・本間勝・増元照明(支援委員)・平野フミ子・地村保
     有本明弘・有本嘉代子・斉藤文代・松木信宏・寺越昭男・北野政男・内田美津夫・市川修一・市川龍子


  ★特定失踪者家族支援基金
   「特定失踪者家族支援基金」とは、特定失踪者のご家族が政府機関などへの要請活動などに要する経費(交通費、宿泊費その他)を
   確保し、今後想定される様々な展開に向けて、最善の対策を講じることができるようにするための基金です。

      基金の名称 特定失踪者家族支援基金
      基金の使途 特定失踪者のご家族の活動費(交通費、宿泊費その他)。
            但し、調査会が主催する催事への参加に要する費用とします。
      基金の管理 特定失踪者家族支援委員会

      寄付金の受付
         ・一般の方を対象として寄付をお願いするものです。
         ・ご家族からの寄付については受け付けませんが特定失踪者の知人・友人の方、ならびにそれらの方々が主宰する
          支援団体からの寄付については受け付けます。
         ・またこれまで通り、調査会の活動にご支援くださる場合には、調査会で寄付を受け付けさせていただきます。

   会計の公開  調査会の会計と同様に、公開をします。

   お振込先はこちらまで


  ★家族支援委員会「賛助会員制度」
   調査会では一般会計及び失踪者ご家族の行動に限定した「特定失踪者家族支援基金」へのカンパを広く要請してまいりましたが、
   より機動力のある対応をしていくため、主に趣旨にご理解いただける団体を対象として設置することとなりました。
   詳細は下記の通りです。各位におかれましてはぜひご協力賜りますようお願い申し上げます。

      名称 特定失踪者家族支援委員会賛助会員
      目的 政府未認定拉致被害者全員の救出に向けた活動に協力し、拉致の可能性のある失踪者のご家族を支援する。
      内容 賛助会費による家族支援基金への資金の拠出(年間1口10万円)
          調査会からは郵便・メール等で各種器材・情報等を逐次お送りします。

      賛助会員(団体)一覧
         ・連合
         ・友愛連絡会
         ・UAゼンセン
         ・電力総連
         ・建設連合
         ・NGU民社協会

      ※賛助会員は個人でも団体でもご協力戴けます。お申し込み・お問合せは調査会まで。
      
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8 第6松屋ビル301 TEL03-5684-5058 FAX 03-5684-5059


サイトマップ
  ・特定失踪者問題調査会のWebページ上に記載する全情報の無断記載、転用、二次加工を禁止しています。

CopyRight 特定失踪者問題調査会 2004-2015